衝撃を受けた提案

お久しぶりです。

受験に向けていろいろ試行錯誤しながらなんとか進んでいます(´Д`)

 

将棋もブログも周りとの関係も(?)少しずつ離れていっている間にいろいろ動きがあったのですが、勉強や春頃から度々体調が崩れてしまうこともあり、なかなか更新できず一時閉鎖という形をとらせて頂きました。(更新できないとかいってるのにTwitterでは頻繁に呟いてますが..)

 

閉鎖してからしばらくした最近。あべしんさんから、「ブログの更新は?」とのリプライが。

通知切っていたので気づくまで時間がかかり、訳あり(今は話せませんが...)で忙しいため「◯◯日に!」と断定も出来ない。「いつか...」とは返しずらいし..。

となり迷った末スルー。今思い返すと一番ダメな対応です(._.)

 

「ネタが古い」と某氏に言われ、自分で見返してもつまらないブログですが、「またこいつつまらない記事上げてんなー」と思いながら暇潰しにでも見ていただければ私としてはありがたいです。

 

私がサボっている間にも将棋界はさまざまな話題で盛り上がっていましたが、相当な量になってしまうので...。

 

一番気になった「あべしん道場」についてちょっと書かせていただきます。

H29県職場団体対抗戦の放課後~構想段階~ - あべしん将棋ブログ

これに関してはBIGBOさん(T田さん)は「一石を投じる勇気」と表現して触れていました。(一石を投じる勇気① - 回り道)

Twitter上でもButteflyさんなどが

この件について意見を述べられていました。

臆病者でなんにも持っていない私は常に後追いです。他の方の意見に乗っかることしかできない私ですが、私なりの意見を述べたいと思います。

(語彙力がないため文章がおかしいところもありますが、ご了承下さい)

 

 

私が小学生のときにU野先生の教室に初めて行って入会したいと伝えたら、「じゃあ入会料(年会費)1000円です。」と言われて驚いた記憶があります。

私が今まで習っていた水泳は月謝5000円+進級テスト料金300円なのにここでは年間でたったの1000円。しかも感想戦などで悪かったところをアマ高段の方々に指導していただけることや、憧れのプロに追加料金なしで年に一度教えて貰える。私にとっては衝撃でした。

ほとんどの大会ではプロ棋士が来て大会料金払えば大会に出れる上に指導対局を受けられる。無料、無料...と、当時お小遣いを貰えなかった私にとってはとてもありがたいと思っていました。

しかし教えている立場からすると指導に対してお金を取るってことは当たり前のことなんですよね。その人に対して教えている(指導している)時間や指導のための準備時間、指導するための十分な棋力、経験など。Butterflyさんが仰っているように相当な知的財産(スキル?)を自分の時間を掛けて教えていただいているのですから。

 

今回のあべしん道場は大変良い提案だったな..と個人的には思っています。

(画像を見る限り)3面指し(?)で60分1000円。私は妥当な金額だと思います。

これを高いと思う人もいると思いますし、安いと感じる人もいると思います。その人の価値観によってばらつきがあると思うのでそこは否定できないです。

 

対局中に時間になったら指しかけになるのか、どんな感じで60分指導していただけるのか、などのルール、規約作りや営利目的での使用が可能な場所探しなどいろいろ条件がありますので実現は容易ではないですが、「あべしんさんならやってくれる」と思っています。

 

どのくらいの需要があったか、また後日のブログで別の案も出されて  (公民館借りて将棋するのも難しいね - あべしん将棋ブログ)、現在どのように進んでいるかは私にはわかりませんが、続報を待ちたいとおもいます。

 

 

 

 

追記

oh...(´Д`)